FANDOM


This card had three different lores in the Yu-Gi-Oh! anime. Before Battle City, it had the following lore:

Japanese - のデッキかいウイルス
攻撃力1000以下の闇属性モンスター1体と「死のデッキ破壊ウイルス」を生け贄に捧げる。フィールド上と手札内、発動後3ターン以内ドローした攻撃力1500以上の相手モンスターを破壊する。

When Battle City arrived, its lore was changed. This new lore would be used for all future episodes until Waking the Dragons:

Japanese - のデッキかいウイルス
闇属性で攻撃力1000以下のモンスターを生贄の媒体にして発動。相手の場・手札・デッキ内の攻撃力1500以上のモンスターはすべて死滅する。

When Waking the Dragons arrived, its lore was changed again. This new lore would be used for all future episodes:

Japanese - のデッキかいウイルス
攻撃力が1000以下の闇属性モンスターを生け贄の媒体にする事がで発動。相手のフィールド・手札・デッキ内の攻撃力1500以上のモンスターはすべて死滅する。

In Yu-Gi-Oh! GX, this lore was different from the previous anime:

Japanese - のデッキかいウイルス
自分フィールド上の攻撃力1000以下の闇属性モンスター1体を生け贄に捧げる。相手のフィールド上モンスターと手札、発動後(相手ターンで数えて)3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、攻撃力1500以上のモンスターを破壊する。

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.